世界選手権における佐野優子選手のアンダーによる二段トスを見てみる<RunningSet篇4回目> | 強行突破 FC2新館
HOME   »   VB雑感  »  世界選手権における佐野優子選手のアンダーによる二段トスを見てみる<RunningSet篇4回目>
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
tamtam_twtr氏のYouTubeはこちら

今回もアンダーハンドトスアップ例(35)を見ていきます。



他のアタッカーの準備状態はどうか。

前衛レフトの木村沙織はきちんと準備体勢に入っています。
佐野優子の体の向きでスクリーンとなってしまっているので、ボールが見えるまでの第一歩は普通にスパイクを打つための助走をしています。
ボールがバックセンターに上がるのを確認したところで助走をストップします。

前衛センターの山本愛は一瞬攻撃準備に開きますが、竹下佳江のファーストタッチを確認した瞬間にスパイクは無しと判断して、トスの行方を確認しながらネット方向にフォローの準備のために移動します。

後衛ライトの山口舞は、バックアタックは無しなので、助走に開く動きもありません。

組織的ブロックで戦うチームが相手ならば、アタッカー2枚vs.ブロッカー3枚の状況です。
しかもライト方向からの攻撃発生がセンターのブロード攻撃以外は考えにくいローテーションゆえに、デディケートからブロック3枚を揃えやすい状況です。
トルコにブロック戦術が感じられないところで助かっています。

実は木村の動きも問題を内包しています。
ボールが見えないゆえにアプローチの1歩目はスパイクを打つ気の助走だった部分です。

アンダートスをすると、セットアップする選手の影になって一瞬ボールが見えなくなるアタッカーが出てくる
これは不安定な状態である二段トスを、アタッカーが充分な威力を持って攻撃するためにはリスクでしかありません。

また今後、攻撃の「はやさ」を発展させていくことを考えていく上でも気がつく問題があります。
・「アンダートスによる低くて速い攻撃」と言うならば、セットアップする選手がボールタッチをする瞬間に踏み切りをしていなければならないのですが、木村の助走はまだ1歩目であること。
・相手ブロックに負荷を与える攻撃を考えていくのであれば、攻撃のシンクロ性が必要となってくるのですが、自分にトスが上がらないと判断した時点で木村と山本が助走を止めてしまっていること。


トス質はどうか。

竹下佳江が正確にアタックライン中央にコントロールしたボールを、バックセンターに対してトスを上げるのですから、佐野は上半身をロックしてボールを真上に上げるだけで良いわけです。
自分がいる位置に江畑幸子が駆け込んでくるので、佐野は逃げる動作が必要になる分「残心」が足りませんが、ボールコントロールそのものの難易度は低いので打ちやすいトス質となっています。

セカンドテンポでアタッカーの攻撃威力を増すことを考えていくならば、トスを上げるポイントはもう少しアタックラインの内側にして、アタッカーにネット方向のブロードをさせることを考えてもよいでしょう。


セットする選手が他のアタッカーを選択できたかどうか。

攻撃の可能性を残しているアタッカーは他に木村沙織だけとなっています。
ボールの落下位置への佐野の移動は充分に余裕があるものだったので、前回も書いたように、バックドロップをする感じで頭越しにトスコントロールをすることも充分可能だと思います。

ただしブロック3枚に対してアタッカーの選択肢が2枚しか無い時点で、組織的なブロックをするチームに対しても決定力を発揮できたかどうかはわかりません。


この攻撃は、相手のブロック技量不足のおかげで決まった攻撃と見るのが妥当ではないでしょうか。
例えばアメリカチームを相手に同じ事をやってどうなるかを想像してみます。
私にはバンチかデディケートから3枚ブロックを揃えられて、ブロックリバウンド…というのが想像できます。

ちなみに世界選手権準決勝以降の山口→石田瑞穂の起用(*訂正あり)は、こうしたローテーションでライト方向からの攻撃発生を増やすための戦術で、ブロックの固い世界強豪チームと戦うにはバックアタックを打つオポジットの起用は必然だと考えたスタッフの判断である、と私は感じました。

*訂正
TWITTERでツッコミが入りました。
選手交替は江畑→石田でした。
リリーフサーバーとして石田が入り、すぐさまバックライトからの攻撃を見せたので、このような勘違いをしました。
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
ブログ回顧録 7 2006年頃のバレーボールの楽しみ方4回目
NEW Topics
03/30のツイートまとめ
03/29のツイートまとめ
03/28のツイートまとめ
03/27のツイートまとめ
03/26のツイートまとめ
03/25のツイートまとめ
03/22のツイートまとめ
03/21のツイートまとめ
03/20のツイートまとめ
03/18のツイートまとめ
Entry TAG
トスの質   二段トス   ボールの軌道   アンダートス  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaz10000

Author:kaz10000
モーレツから
ビューティフルへ。

モーレツ時代のブログは
強行突破SPORA別館

ビューティフル時代はTWITTERを中心に
活動していきます。




Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ブログ&TWITTERでのリンクやトラックバックは許可を求めませんのでご自由にどうぞ。
引用は前後の発言の流れもありますので、必ずリンク付きでお願いします。

コメント欄でのコミュニケーションには積極的ではありませんので、ご質問やご要望などはTWITTERでお願いします。

QRコード
QR
メールフォーム
ご用件のある方は返信先のメールアドレスを記載の上、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:・技術系のまとめ記事
・報道記事を意識したバレー観戦レポート

こうした記事制作にそれなりの労力を必要とするものに関しては、「ブロマガ会員限定記事」として有料化していく方針です。
しかし、こうしたエントリーは読んでもらわないことには書いた意味がありませんので、高額の料金設定はいたしません。

応援する感じでブロマガ会員登録していただける方が増えますと、コンテンツの充実にもさらに意欲が増すことと思います。

ブロマガ記事一覧

月刊ブロマガは月単位でご購読いただけます。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031