10/15のツイートまとめ | 強行突破 FC2新館
HOME   »   TWITTER  »  10/15のツイートまとめ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
kaz10000

@SOLDIERMICHIKOT ブロックアウトでディガーをベンチに突っ込ませようとはしたよ。最後はミーティングで「俺は負けてない」って叫んだけどこれはしめしめじゃない。
10-15 23:30

でもね、安全サーブを打っていたらブレイクは取れないんだよ。うちのレベルじゃサイドアウトを簡単に取られて、俺が後衛の間に離される。無双してたけど試合は負けたよ。
10-15 23:08

余裕が出てきたのでダイレクトデリバリーのレフト平行をスライドで決めようとサインを出したら、セッターがふわっとレフト平行を上げたんで、俺はブロック3枚を横切ってロングBの位置で空振り。でも「まだ次の手を出してくる」とブロッカーが顔を見合わせたのを見てまたまたしめしめ。
10-15 23:05

計算ずくの大ブロックアウト大会で相手の監督が切れだして、2つ目のしめしめ。監督に怒鳴られまくって相手3枚ブロックが手を出すことを迷いはじめたので今度は打つコースも増えて3つ目のしめしめ。
10-15 23:03

セッターが他にトスを上げると「おめーらがやってきた練習じゃこいつらには通用しないんだから、全部レフトオープンに持ってこい」って、俺の練習に陰口を叩いていた連中に試合中言い放ってまず1回目のしめしめ。
10-15 23:01

一番しめしめ思ったのは、185センチ級3枚のブロックが完全に俺にコミットしてきて、どのコースを打ってもディグが上がり始めた時。ディレイでもフェイント対応が上手く、仕方が無いから大ブロックアウト大会を始めた。
10-15 22:59

誰かの結論より、俺が俺の論理で導き出した答えが俺にとって正解だろってことで。それでバレーボールを見ていて「ちょっと違う」って思ったら、また考えて修正していけばいい。
10-15 21:59

そうなんだよね。同じテーマでモノを考えている人ばかりじゃないから、「どうなのかな?」と考え始めた人が考えを詰める時間があったほうが面白いことが多いかも。断定が早すぎると感情的にyesかnoかになってしまう。「教えてあげる」が一番つまらないのは誰かの答えが正解という前提があるから。
10-15 21:58

@Lu_tycho 途中で離脱して放置してもいいんじゃないでしょうか。他の人も考え出した時なんかは少し時間を置いてみたほうが面白くなることもあります。
10-15 21:55

@Lu_tycho 気張らずタグ使っても大丈夫っすよ。異なる考え方を示す人も出てくるでしょうが、そこも面白いところ。「ああそうかも」という見方が出てくることも多いし、絶対に許せない反論は叩き潰すのも一興。
10-15 21:45

断片をちらっと見て参加したかったんだけど…ああいうのをタグ付きでやったりとぅぎゃったりしておくと、バレーボール業界にとって財産になると思うんだよねー
10-15 21:13

しめしめの話、終わっちゃったの?
10-15 21:11

関連記事
スポンサーサイト

Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
10/16のツイートまとめ
NEW Topics
08/16のツイートまとめ
08/15のツイートまとめ
08/14のツイートまとめ
08/12のツイートまとめ
08/10のツイートまとめ
08/09のツイートまとめ
08/08のツイートまとめ
08/07のツイートまとめ
08/06のツイートまとめ
08/03のツイートまとめ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaz10000

Author:kaz10000
モーレツから
ビューティフルへ。

モーレツ時代のブログは
強行突破SPORA別館

ビューティフル時代はTWITTERを中心に
活動していきます。




Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ブログ&TWITTERでのリンクやトラックバックは許可を求めませんのでご自由にどうぞ。
引用は前後の発言の流れもありますので、必ずリンク付きでお願いします。

コメント欄でのコミュニケーションには積極的ではありませんので、ご質問やご要望などはTWITTERでお願いします。

QRコード
QR
メールフォーム
ご用件のある方は返信先のメールアドレスを記載の上、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:・技術系のまとめ記事
・報道記事を意識したバレー観戦レポート

こうした記事制作にそれなりの労力を必要とするものに関しては、「ブロマガ会員限定記事」として有料化していく方針です。
しかし、こうしたエントリーは読んでもらわないことには書いた意味がありませんので、高額の料金設定はいたしません。

応援する感じでブロマガ会員登録していただける方が増えますと、コンテンツの充実にもさらに意欲が増すことと思います。

ブロマガ記事一覧

月刊ブロマガは月単位でご購読いただけます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031