04/02のツイートまとめ | 強行突破 FC2新館
HOME   »   TWITTER  »  04/02のツイートまとめ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
kaz10000

おそらく脳の一生使わないとされている領域を使うのではないかと。認知力の拡大。ニュータイプのような状態になります。 RT @surumeno13: @kaz10000 ゾーンというのはかなり特殊な境地なのですね。なるほど。
04-02 23:37

全日本クビwww RT @haikyublog: 04/02 安保澄コーチ入団のお知らせ| 久光製薬スプリングス http://t.co/jomTqGNoRM
04-02 22:32

@BOMTAM14 まあ。シニア全日本女子で高校男子以上に戦術性を語るのは難しいですからね。
04-02 10:31

@BOMTAM14 ミドルブロッカーのゲスが多くて恥ずかしい。
04-02 10:20

要するに流れを支配するかどうかは、この試合を面白がれるかどうかっていうのが踏み絵になるのだと思うのよね。 #vabotter バレーボール 攻撃サーブこそ正義(再生リスト): http://t.co/M7wYU8pErO @youtubeさんから
04-02 09:51

まとめを更新しました。 「バレーボールの「流れ」を可視化する #vabotterhttp://t.co/7nYv9xWW1z
04-02 09:43

負け戦の中で俺だけが決めまくる…なんていうのは何度か経験しました。だって未来が見えるからどこに打てば決まるかわかるんだもん。 http://t.co/yhJZupqeyX
04-02 09:40

ZONEの話は別ね。何度かZONEは経験しているけれども、あれは相手ブロッカーの動きやディガーの動きが、コンマ数秒先の未来が見える状況になるので、はっきり言って人間として反則状態です。 http://t.co/B5eZQ6oe85
04-02 09:39

.@dhalmel さんの「バレーボールにおける「流れ」について引き続き考える流れ」をお気に入りにしました。 http://t.co/TOSWDgk0m0
04-02 09:34

「うわ。俺たちヤバくね?」と追い詰めることは構造論で説明可能で、一定レベル以上のバレーボールにおいては特に効果的です。心理状態と構造論を対立構造として考えるのはなんだかおかしな話なのです。 http://t.co/YQcEw13ofH
04-02 09:33

中学や高校の女子バレーじゃ自分のプレイで精一杯で、なかなかこういう状況は生まれません。シニアの女子バレーから高校の男子バレーレベルでようやく選手の戦術理解が生まれてきて、閉塞的状況が直感的に理解でき.. http://t.co/P8GPC4gTQa
04-02 09:28

バレーボールを構造的に考えるのは選手心理を考えないドライな考え方ではなくて、戦術的・技術的に相手を閉塞状態に追い込むことでミスが起きやすい状況と、ちょっとした失敗(例えばBパス)を重大な失敗と思わせ.. http://t.co/FfkXEvmahT
04-02 09:23

トランジションアタックじゃないや。レセプションアタック。 http://t.co/CjKYwfsJC6
04-02 09:19

追い込まれた状況でタイムを取った小林監督が「まずはサーブレシーブ」と言った時、「レシーバーにプレッシャーを与えてるし、その後のトランジションアタックの指示まで頭が回ってねー」と言って面白がるかどうか。 http://t.co/asaJiGt5KL
04-02 09:18

エモーショナルな事象をマジで楽しむためにも構造的な理解というのは重要で、解説者は「サーブ&ブロック」をただ聞いてきた新しい用語として口にするのではなく、視聴者にその構造を理解させる働きをしなくてはい.. http://t.co/IIafQSV1Jg
04-02 09:16

相手にチャンスボールを返してしまうのが最悪な状況なのに、ネットに寄せようとするあまりダイレクトボールを返してしまったりもする。このあたりも戦術・技術的な再現度が高いレベルだからこそ起きる事象。 http://t.co/JGvWhHJV02
04-02 09:13

レシーバーはAパスからセンター攻撃の発生させることの重要性を意識するあまり、ミスが絶対に許されないような精神状況に追い込まれない?そういう時にレシーバー間を強いサーブが襲い掛かったら、お見合いが発生.. http://t.co/xd2Xddbn8u
04-02 09:11

『構造的に解釈する』という言い方に「人間の心理状態が含まれていない」という誤読が散見されるけど、では『ブロック』はなぜ起こるの?『スパイクミス』はなぜ起こるの?という構造の構成要素の理解をもう少しし.. http://t.co/cKpUZz9gv9
04-02 09:07

@kotonosamurai 状況を解説する文章に全く反応がないので、そういうことなのだと思います。
04-02 04:24

説明がつくものがほとんどだよってことです。そしてせつめいしてくれる解説者がいないジレンマ。 RT @suis_vb: 一方kazさんの主張は「流れ」は存在するけど、それは「流れ」と呼べるような運の左右するものではない、ということでは?
04-02 04:21

@BOMTAM14 それがサイドアタッカーに対するディフェンス対応。サーブで攻めてそのかたちに追い込んでやる。その上で出たブロックやスパイクアウトは相手サイドが耐えきれなくなった証明であることが多い。
04-02 04:19

@suis_vb そして自らの技術・戦術で呼び込める範囲内のことを話しています。それでテンパってくれた状態として冒頭の3要素がよく見られる。
04-02 04:14

これ、すげー勇気が必要。コンタクト落としちゃった作戦とかも考えたことあるけど。 RT @kyo163: シューズの紐解いて「紐ほどけちゃったタイムください」言うだけで流れは変わる
04-02 04:11

ネットインはレシーバーの足が止まった状況を説明できそうな時もありますが、説明は無いですよね。 RT @ayanami2015: 「運」に近い部分(ネットインでのサービスエースなど)も「流れ」としている印象。
04-02 04:07

@ayanami2015 そういうことです。そして多くは相手サイドに対応できてトランジションアタックが決まり、ブレイクが取れるような状況になった時に始まります。
04-02 04:05

@suis_vb 他力本願的な運的要素の「流れ」は、バレーの神様を面白がらせた時にやってきますからね。自力で奪える主導権的な流れの構造の理解の先の話だと思っています。
04-02 04:02

@surumeno13 心理的に追い詰めるのは戦術的に手が無い状況に追い込めば済む問題なので、ある程度構造論的解釈に付随するかと思います。ただ、ZONEについては人間として反則状態に入っているとも思いますので、別解釈が必要だと思います。
04-02 03:53

関連記事
スポンサーサイト

Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
04/03のツイートまとめ
NEW Topics
08/16のツイートまとめ
08/15のツイートまとめ
08/14のツイートまとめ
08/12のツイートまとめ
08/10のツイートまとめ
08/09のツイートまとめ
08/08のツイートまとめ
08/07のツイートまとめ
08/06のツイートまとめ
08/03のツイートまとめ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

kaz10000

Author:kaz10000
モーレツから
ビューティフルへ。

モーレツ時代のブログは
強行突破SPORA別館

ビューティフル時代はTWITTERを中心に
活動していきます。




Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ブログ&TWITTERでのリンクやトラックバックは許可を求めませんのでご自由にどうぞ。
引用は前後の発言の流れもありますので、必ずリンク付きでお願いします。

コメント欄でのコミュニケーションには積極的ではありませんので、ご質問やご要望などはTWITTERでお願いします。

QRコード
QR
メールフォーム
ご用件のある方は返信先のメールアドレスを記載の上、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:・技術系のまとめ記事
・報道記事を意識したバレー観戦レポート

こうした記事制作にそれなりの労力を必要とするものに関しては、「ブロマガ会員限定記事」として有料化していく方針です。
しかし、こうしたエントリーは読んでもらわないことには書いた意味がありませんので、高額の料金設定はいたしません。

応援する感じでブロマガ会員登録していただける方が増えますと、コンテンツの充実にもさらに意欲が増すことと思います。

ブロマガ記事一覧

月刊ブロマガは月単位でご購読いただけます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031