トスの質 | 強行突破 FC2新館
HOME   »  トスの質
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2006年の世界選手権男子決勝。
TV中継を見てこの時のブラジルバレーに頭を殴られたのでした。
セッターはリカルド。
決勝の録画は1回見た後、全篇スロー再生で2回見直した。

先日の#vabotter トス軌道基準のファーストテンポの話から、セットの話に展開した。のまとめの際に、参考映像として出てきたリカルドのYOUTUBE動画。



はやいバレーボールを展開するのに、『速いトス』なんか一切不要。
ふわっと上がるインダイレクトデリバリー。
アタッカーのヒットポイントにトス軌道の頂点付近を正確にセットする。
決して『低いトス』などではない。
トス軌道の頂点付近でボールが漂う瞬間、アタッカーもスパイクジャンプの頂点で漂い、自由自在に攻撃する。

リカルドの腕を見てみようぜ。
相対的に遠いスロットにセットする時でも、ほとんど腕は伸びきらない。
極力ボールに余計な力が入らないようにしながら、卵が割れないようにするかのようにボールを運ぶ。

アタッカーの姿も見てみようぜ。
しっかり助走してきっちりジャンプ。あわてずしっかりしたテイクバックからしっかりスパイク。
トスの初速は決して速くないから、アタッカーも慌てず騒がず、助走スタートのタイミングを少し変えるだけ。


見た目の『速さ』など一切ないのがファーストテンポ。
バレーボールを始めて1年目に誰もが教わる基本技術を丁寧に正確に行うだけ。
それをどう使うかという頭が、相手ブロックに対する相対的な『早さ』を生み出す。


頭、使ってますか?
スポンサーサイト
バレーペディアの改訂版が発売されて約2ヶ月。
セット軌道基準のファーストテンポについて考えをまとめたいなぁ。その前にセット軌道について中学生にもよくわかるような解説をしたいなぁ…などと考えていました。
ちまちまと解説のための画像を準備していたりもしていたのですが。


「初速が速くアタッカーが打ちやすいトス」なんてアホなことを全日本男子監督がメディアに対して発言して、メディアもその言葉に違和感を持たずそのまま報じてしまう、かなりゆるーい脳みそに支配されている日本のバレー界です。

参考:トスのスピードに関して(打ちやすく初速の速いボールはあるのか)

「俺が間違ってるのかー!」と叫んでいる映像が敗北したOQTのTBSでの中継時に流れていましたが、間違っていますよ。
滝に頭を打たれすぎたのかもしれません。ゆっくり療養生活をお過ごしください。


それでも1000本トスの向こう側の人が久光製薬スプリングスの監督に就任し、来期からは久美制約スプリングスとしてガッカリなバレーを展開するのが目に見えていたり、日本のバレー界は今でもロジカルに物事を考える方向から明後日の方向に向かって突き進んでいます。

参考:1000本トスのこちら側 #vabotter

彼女の何を期待して監督にしたのでしょうかねぇ。セッター担当コーチとしては「セッターにボールを入れると攻撃が決まらないからサーブレシーブ入れるな!」「全部二段トスで行け!」「座安ー!」「古藤はツーでも打ってろ!」と久光好きに言われてしまうような実績しか無いのですが。


今回のバレーペディア改訂版では、理想的なセット軌道や「良いセット」というものについて関心が高まるフェイズなのかなと考えていましたが、セット軌道の図がほぼ無くなってしまった点が残念でした。
しかしTWITTER上では『ダイレクトデリバリー』『インダイレクトデリバリー』という用語に関する関心が高いようです。

良いバレーボールをするにはセッターというのは重要なポジションで、チーム指導者の考え方やセッターの考え方というのがセッターが実際に上げるトスに色濃く出てくる…というのがプレイ経験が無いバレーファンにもはっきりと見え始めたということでしょう。
選手の顔のアップを減らして、コートエンドからのリプレイ映像を頻繁に見せてくれるようになったTV中継スタイルの変化の影響も大きい。

選手だけではなく『バレーボール』の写真を撮るようになってくれたモノクロさんも、このようなエントリーでバレーボールの考え方を発信してくれています。
イランvs日本戦を撮影して思ったこと
ダイレクトデリバリーとインダイレクトデリバリー
こういうエントリーが読めると、私も脳みそを刺激されて楽しい。


最初のバレーペディア発売時から、ファーストテンポを助走の踏み切りで定義する考え方が出てきました。
書かれていた秒数にしか目が行かなかったアホな方々も全日本のスタッフをはじめとして数多くいらっしゃったようですが、本来読み取るべきだったのは「セット軌道基準」と「踏み切り基準」の分化でした。

私は「セット軌道基準」派で、『トスが止まって見える』という言葉あたりから『流れるトスは打ちにくい』という空中でのアタッカーの目線や感覚を思い出しつつ、考え方を少しずつ修正してきました。
その経緯は「頂点が低いトスをもっと速く」の全日本 ワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えようで触れています。

このシリーズに興味を持たれた方は、ワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えよう 目次から、順を追って読んでみてください。


そして改訂版のバレーペディアでは、「踏み切り基準」と「セット軌道基準」の妥協点として『主導権』という概念でファーストテンポを説明しています。
改訂版発売前にちょこっとこの概念での相談があったのですが、アタッカーが攻撃の主導権を取り戻す!いいじゃない!と思ったのでした。

しかし紙に印字されている文章を読みつつ、ファーストテンポはアタッカーに主導権っていうのはちょっと違うかなと感じはじめたのでした。
そのような中で繰り広げられていた会話に参加したのが以下のまとめです。

参考:#vabotter 2012年白ペデ後のファーストテンポ

私の主張は以下のとおり
① 目的はアタッカーが好きなようにトスを料理できること
② アタッカーのヒットポイントにトスの頂点を近づけていくことが「はやさ」への道
③ きちんとヒットポイントに来ないアタッカーはダメ
④ きちんとヒットポイントにセットできないセッターもダメ
⑤ 両者の歩み寄りが必要で主導権云々ではないのがファーストテンポ(基準)


セッターからの距離が近いスロットならば、セッターはアタッカーのヒットポイント周辺にトスの頂点をセットすることは難しくない。
スロット5になると距離が長くなるのでセッターの技量に左右されるが、ここで突くようなトスで初速を出して距離を稼いだりしようものなら、それはテンポの対象外。

大前提となる考え方は、バレーボールにおけるパスの基本原則。
『次にボールタッチする味方プレイヤーができるだけ楽に自由にコントロールできるボールを渡す』
サーブレシーブをするレシーバーは、サーブの勢いをできるだけ吸収し、不規則な回転をできるだけ無くしたボールをセッターにできるだけ正確に返そうとします。
セッターからアタッカーへも同じ意識を持つことを絶対に忘れてはいけませんよ!ということ。

ブロッカーを振るような「速いトス」なら、ブロック発生より時系列的に前に発生するアタッカーのほうがより大きく被害を受けるでしょ。
味方を殺してどうする。そんなものはテンポの仲間に入れてあげない。

ということです。


これまでファーストテンポの話はアタッカー目線ばかりで進んできたのですが、『両者の歩み寄り』という話から『セットの技術』の話に展開したのが以下のまとめです。

参考:#vabotter トス軌道基準のファーストテンポの話から、セットの話に展開した。

そしてばっさりと『ダイレクトデリバリー』を切り捨てる考えを示しました。
ダイレクトデリバリーだとどうやっても打てない…というわけではないのですが、今の日本の「速さ」や「クイック」の価値観の中では『ダイレクトデリバリー』は一度切り捨てないと、気持ちの良いバレーボールがいつまでも定着しないのです。

まとめの中にありますが、私が遊び程度でやったセッター感覚を必死で言語化してみています。
これをたたき台に、セッターの感覚的要素がどんどん言葉として出てくると面白いと考えています。
良い表現が生まれてくると日本のバレーボールはどんどん面白くなるよ。
今まで窮屈だった分、伸びしろはかなり大きいからね。
東日本大震災
福島第一原発事故
速いつもりのダメなトス
川合俊一怪説者


2011年は大変な一年でした。

東日本大震災
震源から遠い千葉県の我が家でも液状化現象が起こり、一部損壊の認定をされました。
給水車に水をもらいに行ったり、買い物で何時間も並んだり、トイレに困ったり、風呂に困ってホテルに泊まりに行ったり…
でもまぁ津波被害の凄まじさと比べてしまうとちょっとしたイベントのようでありますけれども。
水や支援物資をいただいたり、見舞金をいただいたり、そうそう、今度一部損壊の家にも義援金が出るとのことで申請書類が届いています。
ありがたいことです。

福島第一原発事故
きっかけは東日本大震災でしたが、国家や企業の体質が震災によって一気に噴出した象徴的な単独事故と考えています。

速いつもりのダメなトス
2011年の秋の国際大会はオリンピックトライアルでもあるワールドカップでした。

このワールドカップの前のアジア選手権における全日本男女のダメっぷりを見て、『速いトス』という日本のバレーボール界が捉われている幻想をなんとかバレーファンに知ってもらおうとワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えようを書きました。

エントリーをお読みいただいた方々は今回の全日本男子がいかに馬鹿馬鹿しいことを追求しているのかはっきり見て取れたかと思います。
女子がアジア選手権の低迷を受けて『速いトス』から『打ちやすいトス』へと方向を修正したおかげで良い戦いを見せてくれただけに対照的で、もう笑うしかありませんでした。
でもまぁ、4位という好成績だった女子も、2010年世界選手権の成功をきちんと分析できていなかったから、ワールドグランプリからアジア選手権にかけてつまらないバレーをやっていたので、また同じ事をやりかねないのですが。

まだお読みいただけていない方はこちらからどうぞ。

ワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えよう
ワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えよう 前文
『はやさ』って何だろう? ワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えよう
トスに求められる『はやさ』って何?1回目 ワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えよう
トスに求められる『はやさ』って何?2回目 ワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えよう
トスに求められる『はやさ』って何?3回目 ワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えよう
「頂点が低いトスをもっと速く」の全日本 ワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えよう
マイナステンポの幻想 ワールドカップの前に 『速さ』という言葉について考えよう
関連
セッター信奉から少し離れてバレーボールを見てみないか?
言い訳が許されない日本中のレフトエースに捧ぐ



日の丸を付けながらあんな物理法則に適わないバレーを追求し、当然のように惨敗をしているにもかかわらず、男子の監督は続投です。
つまり監督を誰にするか決定権がある人々も、ロジカルにバレーボールという競技を考えることができていないという事の証明にしかなっていません。
植田辰哉監督はロンドンまでで、次は中垣内祐一というレールが敷かれているのが誰の目にも明らかですが、「意見を戦わせていく」と言っていたにもかかわらずストップウォッチのバレーにブレーキをかけられなかった時点で監督が変わっても本質は変わらないことでしょう。

そもそも中垣内の持論である『ファーストサイドアウト率』の追求はどこに行ってしまったのでしょうか?
彼はそれ以前の解説でも「サイドアウト率」への拘りを見せていました。
これは読み解いていくと「レセプションからの攻撃の成功率」の言い換えに過ぎないのではないかと、以前から解説を聞きながら疑問に思っていました。

2011シーズン当初のワールドリーグではチームの方針として「ファーストサイドアウト率が53%以上あれば日本は強豪に勝てる」と宣伝していました。
これが中垣内全日本スタッフ入りによる新たなコンセプトでしょう。

なぜ「ファースト」に拘るの?
これが『相手にブレイクをさせない』を追求するためのコンセプトであるならば理解はできるのです。

ブレイクこそバレーボールの本質
相手にブレイクをさせない。そして自分たちはブレイクを取っていく。
こうした方向に指導をリードできるのであれば、それはとても意味があることです。
しかし見ている数字はアタッカーのスパイク効果率。
両チームのブレイク率の比較なんかはおそらく意識して見ていなかったことでしょう。

ファーストサイドアウト率を試合後の参考程度にするのならともかく、53%を目的化してしまうとアタッカーがレセプションアタックでせっかちに決めようとしすぎるというのは少し考えればわかることです。
相手サーブ権の時のラリーを制すれば良いだけの話なのに、『1st』を『fast』と脳内自動変換されてしまういつもの光景が展開されます。
そして無理な攻撃をしてズドン。
そしてブロックを1枚にしてやらなければスパイクは決まらないという結論になっていく。

昨年の世界選手権を振り返って、私は日本のアタッカー陣のブロック被弾率の高さや安易なスパイクミスの多さを指摘していました。
効果率が下がるとベンチに下げられるという安易な采配が、アタッカー陣に拙攻をさせてしまっているのではないか。
そこで私は『数字には反映されないけれども相手を崩すことの大切さ』を言い出しています。
2011ワールドリーグのタブをご参照ください。

前のプレイヤーの30点のディグを50点のトスに修正し80点の攻撃で相手を崩す。これによって相手に70点までの攻撃しかできないようにして今度は40点のディグから90点の攻撃を目指す…
このように前のプレイヤーのボールを自分が介在することでプラスの効果を生み出していき、積み重ねたチームの総合力で相手を上回った時にラリーを制することができる。
こうした考え方はかなり以前から指摘しています。
だからこそマイナスの効果しか発揮しないプレイに手厳しいのです。

今年のシーズン開幕であったワールドリーグの間に『ファーストサイドアウト率』の話はどこかに消えてしまいましたね。
みなさま期待の中垣内祐一も、結局はこの程度のコンセプトしか打ち出せないのですよ。
あるいは大切な本質を見失ってしまう。
私も期待していたのですがねぇ…

8年契約でカーチ・キライに全日本男子監督やってもらわないか?

『ファーストサイドアウト率』が立ち消えになって、その後にチームコンセプトとして浮上したのがいつものごとく『速いトス』でした。
速いトスでブロックを1枚にしてやればアタッカーの攻撃も決まるだろうといういつもの幻想。

トスからスパイクヒットまでの時間をストップウォッチで計ることの馬鹿馬鹿しさは、上記のごとく当ブログをお読みいただいている方にはもう充分伝わっているかと思われます。
TWITTER実況でも、もう私が指摘しなくても「トス低いよ!」とあちこちから声が上がるようになってきました。

数年前は会場でたったひとりで「宇佐美!トス低いよ!ボール2つ上げろ!」などと叫んで白い目で見られていました。
わずか1年前でもTWITTER上で白帯を超えないようなトスを『うんこトス』呼ばわりしたところ、総スカンを喰らいました。

その試合まわりの参考:
解説者ってなんだ?
トス回しについて考えていた



あとはご理解いただいた方々が、実際のプレイに生かしたり、指導やブログやツイッターなどでそれぞれの言葉で発信していただき、その方々も発信者になっていったところで、次第に口を開いてぼんやり地上波バレー中継を見ている人たちにも『速いつもりのダメなトス』というものが伝わっていくことでしょう。
TV中継が根本的に変わっていくのは結局その後視聴者の顔色を見てからでしょうし、全日本が変わっていくのはTV局の顔色を見てからになるでしょう。

遠い道のり。

川合俊一怪説者
今年もさんざんやらかしてくれましたね。
毎年毎年この人は…

それでもワールドリーグでもワールドカップでもメイン解説者に起用…どころかワールドカップでは独占…されることに納得がいかないという方も大量発生してきてくれて嬉しい限りです。
川合俊一の解説なんてものは、居酒屋で酔っ払った親父のたわごと程度のものなので、酒を飲みながら笑って聞くレベルのものなのです。
なので本来は1大会に1回程度の起用で充分ですし、全く起用されなくても文句は言いません。

ダメな解説者をダメ出しすると『上から目線』とやらで批難されるような状況からは少し変わってきたようです。
その言葉は人を対等な関係ではなく上下関係で分類しているって宣言しているだけに過ぎないってことに気付いていないあたりが恥ずかしいよね。

参考:
「上から目線?」:自己を卑下するように見せかけて他者攻撃を正当化しようとする残念な人達の特徴について。
上から目線
渡邊教授(ynabe39)の「上から目線」やりとり
渡邊芳之(ynabe39)さんがまた上から目線がネタになった
増殖しているなぁ…



理想とする解説像があるからこそ、ダメな解説者のダメ怪説が気に障るわけで、ただ文句ばかりを言っているわけではないってことがわからないのでしょうねぇ。

参考:
#ばぼったー解説者評価委員会



これはプレイヤー評価についても同じ事が言えて、良いと思うものを持っているからこそ悪いものが悪いと判断できるのです。
そして良いプレーを数多く見たいからこそ、悪いプレーを推奨する怪説者が気に障るのです。

川合怪説者に怒りまで覚えてしまっている人はどうかそれでも川合氏を解説者として起用し続ける理由でも読んで落ち着いてください。
川合怪説者が怪説を振り回す度に、彼を『日本バレーを代表する人』と持ち上げて重用する人々の脳みその程度が窺い知れるというメリットもあるのですから。

今年は大きく2つやらかしてくれました。
リバウンドを取るために二段トスをネットに近づけろ!/ワールドリーグ
サーブミスは良くない!だったらサーブは入れていけ!/ワールドカップ

あまりに論理的に破綻した怪説を振りまいたりもするもので、いちいち火消しに当たっていてはこちらの身も持ちません。
なにせ相手は思いつきで適当なことを言えば良いのです。
それをバレーボールをあまり理解できていない人々に向かってわかりやすく論理的に説明しようとすると、膨大な労力が必要となるのです。
専業でやっていても間に合わない。

しかしまぁ、バレーボールを理解していく上で何かを考えるきっかけにするのもよいかとは思ってもおります。
サーブ攻撃論に関しては技術・戦術論の中で取り上げてみてもよいかと構想中です。


それでは皆様、良いお年をお迎えください。
今年一年、ありがとうございました。
筒見京平サウンドは好きなので、本人から怒られないようにこっそりやります。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
川合俊一解説者の「リバウンドを取るために二段トスはもっとネットに近づける」というここ最近の主張について、スポーツの最重要な要素のひとつである『合目的性』の段階でかなり怪しい説だということまで前回触れてきました。

今回から
? 二段トスを上げる側の視点
? 二段スパイクを打つ側の視点
以上2つの視点から、もうひとつの最重要な要素『合理的判断』が川合氏の主張に欠けていることを書いていこうと考えていました。

しかしTのブログに前提条件を大きく揺るがす仮説が出てきました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
プロフィール

kaz10000

Author:kaz10000
モーレツから
ビューティフルへ。

モーレツ時代のブログは
強行突破SPORA別館

ビューティフル時代はTWITTERを中心に
活動していきます。




Twitterボタン
Twitterブログパーツ

ブログ&TWITTERでのリンクやトラックバックは許可を求めませんのでご自由にどうぞ。
引用は前後の発言の流れもありますので、必ずリンク付きでお願いします。

コメント欄でのコミュニケーションには積極的ではありませんので、ご質問やご要望などはTWITTERでお願いします。

QRコード
QR
メールフォーム
ご用件のある方は返信先のメールアドレスを記載の上、こちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:・技術系のまとめ記事
・報道記事を意識したバレー観戦レポート

こうした記事制作にそれなりの労力を必要とするものに関しては、「ブロマガ会員限定記事」として有料化していく方針です。
しかし、こうしたエントリーは読んでもらわないことには書いた意味がありませんので、高額の料金設定はいたしません。

応援する感じでブロマガ会員登録していただける方が増えますと、コンテンツの充実にもさらに意欲が増すことと思います。

ブロマガ記事一覧

月刊ブロマガは月単位でご購読いただけます。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031